コロラドの西へ(一泊目)

By fuki - 8月 19, 2016

コロラド西側を3泊4日ドライブ旅行した。
Boulderから南下して、70号をひたすら西へ。西へ西へ…ユタ州まで…
正確にはコロラド州最西端のGrandJunctionまで。
コロラドはとにかく地形が面白い。
深緑の山、赤茶色の山、ほぼ色のない山…領域によって様々な顔を見せる。
それとハイウェイはずっと川に沿って進んでいる。だから乾燥した禿げ山と、川の水によって潤う緑の多い山と共存する。


DenverからVailあたりまでは冬はスキーリゾート、夏はハイキングに人気な地域。
動いてないリフトがあちこちに見える。
トンネルが多く、抜けるたびに景色がどこでもドアをくぐったように変わる。
その景色は日本人ならネズミの国のアトラクションを彷彿せずにはいられない…



我々はVailで軽くハイキングした。ほんの軽く..うん。ロッキーボーイ/ガールにとっては!
関東平野ガールにはちときつかった。。でもなんとか4マイルぐらい炎天下の中登って降りた。
岩が多くて足腰にくる感じ。でもアスペンの木がキラキラやさしくそよいで、時々木陰で休憩しながら心地よい風を浴びて、折り返し地点で滝を見ながらランチしたり、癒しの要素も多くなかなかいいハイキングだった。よくすれ違う人々も笑顔で声かけたり。しんどそうな顔してたら「あと少しよ!」と元気付けてくれたり。


ハイキングのあとは少し南下して、一泊目のCarbondaleまで進む。途中通り過ぎたGlenwood Springsは前回行ったがスパがあって大きなプールもあってなかなか素敵なリゾート地。
初コロラドの人にはオススメです。


Carbondaleはかわいい感じの小さな町。ダウンタウンはコンパクトで、趣味のいいアンティークショップが並ぶ。コロラドってど田舎だと勝手に思ってたけど(ゴメンなさい)洗練されたヒッピーの隠れ家みたいなところが多い。都会から離れて、自然が豊富な環境でおしゃれなお店を始めたり。栽培を始めて自給自足したり。とにかく会社で働かないクリエイティブな生き方。
まぁそんな洗練された人たちというのは元々裕福な家庭の人たちだからこそできることなのだが。ここも富裕層の街だがお隣のAspenはもっとセレブが暮らすスキーリゾート。
スペイン語圏の人々もホテルで働いていたりしたが、彼らの住処はこういう街でどうなのかと思ったら垣間見たのは… 移動式邸宅だった。キャンプカーのようなものがあちこちでよく見かけたのでキャンプが盛んなんだと思ってたら、そこで本格的に暮らす人々がいたのだった。
何か問題が起きればすぐに移動すればいいし、それが彼らの生きる道なのだ。
アンティークやビンテージ品などのショッピングはこの街がオススメ。
セレクションが素敵でしかも安い!私はライダージャケットを。相方さんはヴィンテージの壁掛け鏡を購入。
結構長居したヴィンテージショップ
試着室のドアがかわいい
ジュークボックスのあるカフェ


明日はもっと西へ進むぞー。

*この日記は2016年8月初旬頃の話です。
保存保存

  • Share:

You Might Also Like

0 コメント