自主隔離の日々

14:20

日本語の「濃厚接触」にあたる言葉は英語にはないが、逆に
「適度な距離を保つ」と言う意味で"Social distancing"と言う言葉がある。
なんだかこう言う言葉を作る観念自体に文化を感じる。
アメリカ人のいうSocial distancingって多分日本人にとってはフツーの「他人との距離」なんだろうなぁ。
それに比べると西洋人は挨拶のキスやらハグやら握手やら、普段している習慣をこういう伝染病が流行る時には避けなければならない。このへんは日本語で言う「濃厚接触」に値する。

野良猫は人が近づくと逃げるが、そのまま歩き続けるとついてくる。立ち止まると猫も止まる。

奴らもSocial distancingが得意らしい。



やっとアメリカのビザが取れたが、イベントなどが続々キャンセルになり
あちこち入国禁止や規制がかかって旅行もできないし
リモートワークに専念する最近。
日本はいろいろ自粛してね、というふわっとした政府からのお願いが出ているが
アメリカはガチで「自主隔離」(Self quarantine)せよ。という政府からの命令。
学校はもちろん、バーやレストランも昨日から完全にクローズして、外は交通量も少なくなり、なんだか時間が止まった空間にいるような変な感じ。

ジムも閉まってて行けないので毎日外を散歩しているが(ボルダーはお散歩やジョギングコースが山ほどある)やってることはみんな同じだ。これがビーチリゾートだったら混んでるだろうな、ビーチ。と思ったらフロリダのニュース見て混んでるらしかった。

いつまでもこのままだとまじでやばいので、本当に早くおさまってほしいものだ。
これを契機にそれぞれの国が外国に頼らない自給自足や仕事もリモートワークという方向に切り替えていけたら良いな。そうなってグローバルになりすぎた世界が自国優先に戻っていくのかもしれない

You Might Also Like

0 コメント

Subscribe