近頃物騒なのでのんびり田舎暮らしを楽しむ

By fuki - 4月 03, 2021

相変わらずトゥーソンの話で申し訳ないが、やっぱり過ごせば過ごすほど居心地が良いのがこの町なのだ。色々物騒な今はちょっと都心から離れて、田舎でのんびり過ごすのが一番いいのかもしれない。

こんな可愛いお店でパテイオグッズを選ぶのが幸せ
丘の上の小さな一軒家を購入して、相方と家のリノベーションを企てながらのんびり過ごしている。もうちょっとしたらまた旅行しまくりたいが世の中前ほど平和じゃない。(特にアメリカvsイスラム心配だよー)

最近日本の人からもアメリカの物騒な事件やヘイトクライムが続いているので大丈夫かと心配される。「自分は大丈夫さ!」と言い切れるわけではないが、(何せ平和ボケのボルダーでも事件が起きるぐらいだから)とりあえず普通に毎日を特に怖い思いすることなく過ごしている。ガラガラヘビがお散歩中に現れないかとドキドキしながら....。砂漠生活まだ慣れないもんで笑。

もちろん物騒なニュースは聞いているが、まぁ標的がアジア人である場合に限ってメディアが取り上げて「アジア人差別!!」とやってるような雰囲気もある。よくわからんけど。

アメリカは自分がアジア系であることを忘れさせてくれるぐらい他民族に慣れてるし、自分の知り合いでも誰が黒人で誰がラテン系などいちいち意識することなんてなかった。でもそういうことを言っていられないような風潮を「何か(誰か?)」が作り出しているみたいだ。これからもっと自分も居心地悪くなっていくのかもしれない。

よく日本にいたときに「息苦しい世の中」と言われて好きなことも言えないストレスの溜まった心の病について語られたことがあったが、今のアメリカもまさにそれ。思うとこはじわじわあるけど、ある方向からの圧力が強いしキャンセルされるし何も言わないほうが無難。という似たようなことが起きている。コロナ禍が更に悪化させたかな。

人と会っても言いたいことも言えないんだったら、人と無理して今は会わなくてもいいんじゃないか?とさえ思うようになった。

きっとポストコロナは人間関係やコミュニティのあり方などぐっと変わっていくだろう。そして元の楽しかった日々は...戻ってくるのだろうか😢

オーウェル:1984 の「無知は力なり」という言葉が今の時代にちょっとしっくりくる。



雲が多い日の夕焼けはなんとも言えない色になる


  • Share:

You Might Also Like

0 コメント