時間とモノ、どっちが大事?

16:54

アメリカ人はモノを無駄使いする
日本人は時間を無駄使いする

この違いは面白いぐらいはっきりしている。
とにかくアメリカ人は時間の無駄使いを嫌う。なんでもシンプルにして、欲しいものは(お金を出せば)簡単に手に入れるし、名誉やお金も最短で手に入れたいと思う。基本人生は短いと思っているんだと思う。カスタマーサポートに問い合わせしたら電話に出た人がなんでも快く答えてくれるし(日本みたいにたらい回しにならない)何か店員に不備を申し立てたらその場で代償を払ってくれてその件はおしまい。

ところがやっぱり日本人は長寿国?人生長いのが基本か?
何事も準備万端で行きたいと思う性分があったり、どんなに簡単な質問でもボスの許可をいちいち確認してから答えるし、(絶対テキトーに答えない)赤信号は車が見えなくても誰も渡らないし、美味しいもののためなら大行列も惜しまない。(アメリカ人だったらお金を払ってでも最前列に直行するような気がする)それとどこまでも丁寧なおもてなし。同じ出費でも日本ならどこでもファーストクラス級のおもてなしが受けられる。
ちなみにアメリカ人にもの尋ねてもそれが嘘だったりすることは珍しくない。時間を浪費したくないので「う〜ん。。どうかしら」と考える代わりにテキトーに答える。見知らぬ人のことより自分の時間が大切なのだ。とっても自信たっぷりにデタラメ答える人も!怒ってもしょうがないんだけどね。価値観の違いなので。
日本人は一方時間の無駄使いするけど、モノは大事にする。いや多分アメリカ人が無駄使いすぎるだけなのかもしれないけど。。一度使ったプラスチックのスプーンは洗って何度か使うし、気に入らないからと言って買ったばかりの服を簡単に処分しない。(そういう人もちょっといるけど)アメリカ人は一度使ったものはなんでもリサイクルボックスに放り込めばいくらでも浪費していいと思っているみたい。

日本人はプロセス重視。アメリカ人は結果重視。それが答えかな?
だからそれを逆の価値観で眺めてると、「時間を浪費」「モノを浪費」という風に見えてしまうのかもしれない。なんせ日本人は時間をかけてじっくりモノを造る人たちなので簡単には捨てられない。
時々こうして比較して考えると面白い。

You Might Also Like

0 コメント

Subscribe