Alphabet日記:D-enver

15:21

アメリカ コロラド州 州都のデンバー
コロラド州のど真ん中、つまりアメリカ大陸の真ん中に位置する高山都市
雪山を背景にコンパクトに並ぶオフィスビル群の姿が印象的
久々にAlphabet日記。
今回は今住んでるところの近所、Denver。
さいたま市から都内に行くぐらいの頻度で行ってる。
コロラド州の州都であり、山岳地帯からそう遠くないところに位置する都市。
標高1マイルほどあるため(1610mぐらい)マイルハイシティ(Mile High City)と呼ばれている。
アメリカ大陸におけるハブ的な役割を果たすデンバー空港は、デンバーに用がなくても飛行機の乗り換えとかで降りたことある人は多いかもしれない。
まるで未開拓の惑星に降り立ったみたいな気分になる程なぁーんにもない空港エリア。飛行場しか知らないと、デンバーって何もないところなんだと思うだろう。一体ここからどういう風に都会の景色に変わるのか私でも想像つかないぐらい何にもない景色。でも車で30分も走らせればなんとなく都会の景色に変わっていく。デンバーで都会らしい景色はほんの限られたエリア。実はデンバーそのもののエリアは広くても、ビジネスビルが立ち並ぶエリアはお弁当箱に詰めたみたいに非常にコンパクト。イラストのDはそのコンパクト感もよく現れているかもしれない...。(まぁアメリカの都市はそういうところ多いけどね)
20マイル離れたBoulderとDenver間。これをサイクリングする人たちがフツーにいる。アメリカ人ってタフ!


アメリカ人はお金持ちほど都心には住まず、眺めのいい広々としたリゾート的なところに家を買う。それがステイタス。だからコロラドに住む富裕層もデンバーから離れた郊外に暮らす。親元を離れて一人暮らしを始める若い人たちは、デンバーの便利な立地のアパートを大抵誰かとシェアして借りる。デンバーも安くはないので。
こういう感覚、ちょっと日本とは違う。

さて話をデンバーに戻すとしよう
アメリカでメインストリートというと大抵Broadwayという大通りがあるがデンバーもそれに例外せず。Broadway行けば流行りのレストランやカフェがあって、ナイトアウトというと大体このエリアになる。
空港から直行できるターミナル駅のUnion Squareが目抜き通りじゃないの!?と思う人もいるかもしれないけど、ここはまぁ観光客向けにあつらえたギフトショプ街みたいなもんかな。めちゃめちゃ小綺麗。それとベースボールスタジアム。あと金融系とかビジネスオフィス街が隣り合う。デンバーっ子が遊び歩くのはここではない。
ブロードウェイが目抜き通りとは言ってもここは車じゃないと広すぎて歩ききれない。まぁみんな車で遊びに行くので特に問題なしだが、少なくとも観光客がふらっと遊びに行くにはLiftとかUberがいる。私自身いつも車なのでメトロやバスがどんな具合に発達してるのか知らない...。

Broadwayと並行している通りでSantaFe Driveという通りがあって、毎月第1金曜日にアーティストたちがスタジオを開放してエキシビジョンをやっている。これも結構広いエリアなので半日これだけで遊べる。ワインの一杯ぐらいくれるギャラリーも多い。
Santafe Drの壁画


コロラド州は西部開拓時代にゴールドラッシュの起点となった場所でもある。地名にインディアンの言葉を残しているところも多い。空港のインターナショナルターミナルにはロッキー山脈に暮らしていたインディアンの各一族の写真が展示してあって、興味深い。インディアンが暮らしていた時代はそう遠い昔のことではないんだなと思い知らされる。飛行機から降りてイミグレーションに向かう途中にある。

デンバー空港を降りる機会があったら是非ストップオーバーしてみて欲しい。デンバーの街はまぁフツーなんだけど、コロラドの魅力は山岳地帯。温泉や透明度の高い湖、カウボーイ時代の名残が残る小さな可愛い町...などなど車借りれば結構楽しめる。ボルダーまでも空港から直通のバスが出ている。
特に夏にはこっちで過ごしたい。高地だから涼しいし、川や天然水のプールで泳げる。空気が澄んでるのでカビ知らず。清潔感がある。
そして今のところコロラドは大抵の場所は治安がいい。
NYやカリフォルニアもいいけど、ザ・アメリカを味わいたければここだ。
Red Rocks ちょっとデンバーから30分ほど離れるとこんなコンサート会場も!
ディズニーランドは作り物だけどこれはホンモノ

You Might Also Like

0 コメント

Subscribe