サウスビーチその後

5:38

食事に炭水化物を取り入れない日々を3-4週間くらい過ごして。
確かに今までよりむしろ腹持ちが良くなったような気がする。
というか、間食とか昼食とかそういうこと忘れるようになってきた。
思い出したようにナッツとかつまむんだけど、別にわざわざつままんでいいだろうと心のツッコミがよぎる。
今思えば前は常に何かを口に入れていたような気がする。
やっぱり新説は正しかったか!?
*定説:炭水化物は腹持ちがいい。ハイキング前は摂取するべし説。

そして、生理で血糖値が下がるからって理由つけて甘いものを食べる必要も特にない。下がってたら別に無理に上げる必要はないのだ。食べたってどうせすぐまた下がるんだから。運動する気は全くゼロになるけど。

ドイツ人の友人曰く、私はアメリカではパン食べなくても大丈夫だけどドイツ行ったらやっぱり食べちゃうね。だってドイツだから。
確かに私も日本ではご飯は欠かせないけど、こっちでは別に食べない日が続いても大丈夫だ。ここで買えるお米は日本のお米とはやっぱり違う。気候風土も関係あると思う。


BBQが楽しいダイエット食(鶏胸肉)
余談だがイギリスで4週間過ごした時5kgぐらい太ったけどドイツで同じくらい過ごした時は全く太らなかった。よくアイスクリームに生クリームトッピングしたもの食べてたけど影響なかった。脂肪たっぷりだけど甘さは控えめだった。やたら甘くするだけでない、洗練された食文化の国はやっぱりヘルシーなのだ。(イギリス人ごめんなさい。)

You Might Also Like

0 コメント

Subscribe