ALPHABET日記:Tel Aviv

16:59

地中海沿いにある若くて粋な町
乾燥したヒゲもじゃのヤシの木と、イスラエル国旗★が浮かぶ旧市街の壁のイメージ


テルアビブの街で3日間過ごす機会があった。海風が心地よく、色々なものが入り混じった不思議な街。
街はコンパクトで、自転車借りれば1日でかなり周れる。
海沿いや公園はバイクレーンがあるので、結構スピード出して走っても大丈夫。どこまでもスムーズにスイスイ進める。今回初めて電動自転車乗ってみたけどめちゃめちゃラク。欲しくなった。これなら坂道もスイスイ。豊かな自然と、洗練されたレストランやカフェ、陽気な人々、マーケット散策や旧市街の散歩など短い滞在でも結構楽しめる。

テルアビブの海は都心なのに透明度がとても高くて、キラキラ美しい。浅瀬は柔らかい青緑で所々に透けて見える岩とのコントラストが宝石みたいに綺麗。こういう美しさは、クロアチアやアルバニアで見たアドレア海の美しさを思わせる。
泳いでいる人たちの足まで遠くからでも透けて見える。水はあまり冷たくなくて、泳ぎやすい。砂の色は明るく、ドライでサラサラ!やっぱり地中海は一番好きな海だ。

港でおきまりの撮影スポット
テルアビブの人たちは気さくで明るい。彼らは大きく分けると3種の人たちがいて、一つは地中海系の浅黒く、目鼻立ちがクッキリした人たち。二つ目はロシアや東欧から移民してきたブロンド系。三つ目はエチオピアから移民してきたアフリカ系。三つの人種で共通しているのは髪がくりくりした人が多い。言葉はヘブライ語だけど英語も大抵通じる。まぁこの人達見てたらヨーロッパにいるのと気分は変わらない。しかし地理的にいうとアジアに入るのだ。トルコもボスポラスから東はアジアだしね。そして何故かわからないがテルアビブは南米の都市にも似たところがある。ブエノス・アイレスみたいな感じの界隈もあった。スペイン語が飛び交うわけでもないし、ゴシック系の建物もないけど。どこか共通したセンスというか美的感覚があるような気がする。

2泊目のディナーは部屋を貸してくれたルームメイトがいきなり企画して巻き寿司パーティをすることに。巻き寿司の材料は全部買うから、作って欲しい!とのリクエストがあった。
巻き寿司なんて滅多に作らないなーと思いつつも、楽しそうなので企画に乗った。
マーケットに行って米から野菜や魚など色々買い込んで、キッチンで一巻き目を作り始める。ルームメイトは興味津々でみていて、二巻目からは彼女が巻きたいと作り始めた。それからあとはぜーんぶ彼女が巻いた笑。かなり楽しんでた。「さ、フキ。なに巻きたい?」といつの間にかオーダーメイド寿司屋になっていた。面白い。アメリカでもやろうかな。アパートの屋上には女の子たちが次々来て、持ち寄りのシャンパンをあけての寿司三昧。



イスラエル人のパーティ好きは話に聞いてたけど本当だなと思った。質素なアパートでも素敵な屋上があって、そこに洗い場や調理台、ソファ、テーブルが用意してあるのだ。


満腹になった後、ランバダパーティに出かけた。テルアビブのダンサーたちはみんなハイレベルでめっちゃ踊った感じがした。最近のペアダンスはゆったりゆるゆる系に変化しつつあるので、しっかり踏んで踊るのが新鮮でたまらない。何年も会ってない友達にも会えて嬉しい夜を過ごした。

テルアビブから聖地エルサレムまですぐ行けちゃうけど、のんびり街を堪能するのもオススメ。周辺国の情勢が不安定な中、信じられないぐらい居心地が良い。それでもいつも危険と隣り合わせな目に見えない緊張感は存在する。出入国のセキュリティレベルは半端ない。安全さを維持するために世界トップレベルのセキュリティ完備がされているのだ。
それだからだろうか、人々の活気がとても感じられる。どの瞬間も本気で生きている。平和ボケしている場合ではない。

サイクリングするときに友達が、「港の近くは歩行者多いけどちゃんとバイクレーンがあるから臆せず堂々と走ってね。この世界は私のもの〜!って感じながら走ってね。」
不思議とこのアドバイスが耳に残り、とても大らかな気持ちでサイクリングができた。

地中海グルメを堪能するならいい店も色々。



ラムにハーブやスパイスたっぷり練りこんだミートボール。ゴマペーストのタヒーニ、ベイクドカリフラワーなど美味しい料理も堪能できる。

You Might Also Like

0 コメント

Subscribe